【福岡・熊本の地域工務店】エコワークスに決めた理由5選

いつもおもきちパパのエコハウスブログを見てくださりありがとうございます。

今回は私たちがエコワークスに決めた理由をお話ししたいと思います。

性能にこだわって家づくりをしている私たちのオススメ工務店について詳しく分かる内容となっています。

では、行ってみましょー!

マリナ通りモデルハウス
福岡マリナ通りモデルハウス(引用:エコワークス
エコワ—クスに決めた理由
  1. 高気密・高断熱な家をちゃんと建てているから(断熱等級6、C値 0.7以下)
  2. 床下エアコン・小屋裏エアコンのノウハウがあるから
  3. 耐震等級3だから
  4. 天然素材でほっと落ち着くから
  5. 会社の実績と将来性
もくじ

高気密・高断熱な家をちゃんと建てているから

私がエコワークスを選んだ一番の理由はやはり高気密・高断熱な家ちゃんと建てているからです。

おもきちパパ

「ちゃんと」というのはしっかりホームページ上で数値や客観的根拠を示していること、Youtubeなどの情報発信の内容が信頼できることです。(この判断は施主の感性や好みもあると思います。)

家にも性能というものがあると知ってから、せっかく大金はたいて購入するのだから、性能が低い家には絶対に住みたくないと思いました。

家づくりを勉強するまでは、性能は工務店より大手ハウスメーカーの方が上だと思っていました。確かに工務店には性能や品質が良くないところも多いため、工務店というもの自体があまり市民権を得ていないところはあると思います。

しかし、勉強するにつれてこれは大変な間違いだと気付かされました。工務店といってもピンキリなので、大手ハウスメーカーより圧倒的な高性能住宅を建築しているいわゆる「スーパー工務店は全国にたくさんあります。

規模が小さく、大々的なCMを打っていないので(CMに広告費をかけないという点で適切)、残念ながら皆さんに知られてないだけなのです。

高断熱だから

まず理由の1つ目である「高断熱」からお話ししたいと思います。

おもきちパパ

エコワークスは断熱等級6を標準仕様としています。
HEAT20の基準でG2グレードUA値では0.3〜0.4台 (W/m2・K)です。オプションで断熱等級7も対応可能です。

「断熱等級ってなに?」と思われたもいらっしゃると思いますので、詳しく解説していきます。

断熱等級

昭和の無断熱と言われる木造住宅が断熱等級1です。 私の実家もリフォーム前は無断熱で、座敷は今でも無断熱で冬は極寒です。泣

かなり前から断熱等級6〜7が当たり前とされている欧米に比べて、日本の住宅の断熱性能が低いことが「スーパー工務店」業界の中で問題とされてきました。

反対する勢力の力が強く(一体誰でしょうね笑)、長らく基準の改定がなされませんでしたが、ついに2022年に断熱等級5〜7が新設されました!!

つい最近まで高性能と思われていた「ZEH基準(≒断熱等級5)」でも、今や最低限と言われるレベルです。

2021年までは最高ランクであったのは断熱等級4でした。下の図を見てもらうと、現在建っている戸建て住宅の99%が断熱等級1〜断熱等級4で、3割は断熱等級1だということが分かりますね。

※「現行水準=断熱等級4」、「H4基準=断熱等級3」、「S55基準=断熱等級2」、「S55基準に満たない=断熱等級1」のことです。

既存住宅の断熱等級
2022年の統計資料(引用:省エネ住宅の普及促進に関する取組と課題 都竹直樹氏

2025年には断熱等級4が義務化されることが決定し、 それより下の性能では家が建てられなくなります。それに伴って、すでに建っている断熱等級3以下の家は「既存不適格」となってしまいます。

さらには、2030年には断熱等級5の義務化が目指されています

春日モデルハウス
春日モデルハウス(引用:エコワークス

このように断熱等級5が最低限となってくる時代の中で、エコワークスは断熱等級6を標準としていますので、今後も時代遅れにならない十分な断熱性能を満たすことができます。

なぜ断熱等級5ではなくて断熱等級6が良いのかというところについては、詳細は省きますが、「全館冷暖房をするためには最低限断熱等級6が必要」ということを覚えておいてください。

高気密だから

続いて、「気密」についてですが、家の気密とはなんでしょう。なんだか息苦しく感じませんか?

簡単に言えば、すきま風がどれくらい防げているかというのが気密です。隙間が開いていると、デメリットは2つあります。

1つ目は、断熱性の問題です。冬であればせっかく温めた室内の空気がすきまから出ていってしまいますし、外からの寒い空気が入ってきてしまいます。夏もその逆です。

引用:一条工務店

2つ目は、換気の問題です。隙間があると換気扇の近くから空気が吸い込まれてしまいますので(ショートサーキット現象)、室内の空気がうまく換気されません

言葉の持つイメージに引っ張られがちですので、気密と聞くと初めはタッパーのような息苦しい印象を抱いてしまうかもしれません。しかし、気密が高い家の方が空気はきれいなのです。

引用:ウェルネストホーム

気密は「C値」で表され、有識者団体HEAT20のガイドラインではC値が0.5〜0.9(cm2/m2)を目標にするべきとされています。C値は小さいほど隙間が少なく、高性能です。

気密は設計段階で決まっているわけではなく、実際に家を建てた後(もしくは途中)に実測するものです。同じメーカーで建てた家であっても、実際に作業した大工さんや電気配線業者さんの仕事の丁寧さで結果が変わってきます

おもきちパパ

エコワークスも当然気密測定をしており、契約時にC値0.7以下を保証しています。公式インスタライブなどで質問してみましたが、最近はより高性能な0.3台をたたき出しているようですね。

大手ハウスメーカーでは1棟1棟ごとに測定はしていません(一条工務店を除く)ので、 気密が良いかどうかは分かりません

ネット上には大手ハウスメーカーで建てた施主さんが気密測定をした結果を公表されているものもあります。 良くてもC値1.0〜2.0程度のようです。ローコスト住宅ではC値5以上や測定不能というところもあるようですね。

Youtuberさんで色々な家の気密測定をされている方がいらっしゃいますね。

床下エアコン、小屋裏エアコンのノウハウがあるから

2つ目の理由は、床下エアコンと小屋裏エアコンを導入できるからです。
床下エアコンは標準小屋裏エアコンはオプションです。

それぞれ説明していきますね。

床下エアコンとは

床下エアコンとは、「床下空間をエアコンによって温めることで全館暖房を行う」ものです。

床下エアコン(引用:エコワークススタッフブログ

床暖房と何が違うの?と思った方もいらっしゃると思いますので、下記にメリット・デメリットを挙げてみます。

床下エアコンのメリット
  • トイレや風呂を含めた全館暖房が実現できる(高気密高断熱であることが必須条件)
  • 全館暖房により冬のヒートショックを抑えることができる
  • 初期コストがエアコン1台分で良い
  • 買い替えコストもエアコン1台分で良い
  • エアコンの不快な風がない
  • エアコンが見えないため意匠性も良い
床下エアコンのデメリット
  • 冬にエアコンが壊れた場合に全ての部屋の暖房がなくなる
  • 基礎断熱(床下空間の断熱)が必須のため、防蟻処理など施工できる工務店が限られる
  • 床下の空気の流れを計算しなければならないため、経験と実績が必要

どうでしょうか。全館暖房が低コストで実現できるのです。

各部屋にエアコンをつけたら、4LDKだと5台のエアコンですよね。最初の購入費用と10年ごとの買い替え費用考えたら恐ろしくないですか?

壊れた時のリスクですが、高気密高断熱住宅であれば冬でもそこまで室温が下がることはありませんので、昼の日射取得で十分耐えられると思います。

床下エアコンの技術は北海道や東北から始まったようですが、エコワークスはオーガニックスタジオ新潟の相模社長から伝授していただいたようです。

小屋裏エアコンとは

小屋裏エアコンも、床下エアコンと同様に「小屋裏空間をエアコンによって冷やすことで全館冷房を行う」ものです。

小屋裏エアコン(引用:エコワークス

小屋裏エアコンもメリット・デメリットは床下エアコンと大体同じですが、違うのは難易度です。

小屋裏エアコンの場合は冷気を小屋裏から各部屋に落としていくことになりますが、各部屋からの暖かい空気が小屋裏に帰ってくるような空気の流れを意識した設計が必要になります。

床下エアコンはできても、小屋裏エアコンはうまくできない会社が多いと聞きます。

断熱性能が高い家では壁掛けエアコン1台で全館冷房を行う場合も多いですが、ドアを閉めていればさすがにその部屋の中に冷気は入ってきません

小屋裏エアコンは各部屋の天井に吹き出し口がついていますので、プライバシーを保ちつつ涼しい部屋を作るためにかなり良い選択肢ではないかと思います。

小屋裏エアコンの技術は松尾設計室の松尾社長から伝授していただいたようです。

全館空調について

全館空調なんてしたら光熱費がかなり高くなっちゃうんじゃない?」と思った方もいらっしゃると思います。

しかし、断熱等級6以上になると全館暖房を行っても、断熱等級5で各居室の暖房を行うのと同等の光熱費で空調を行うことができます

引用:「第五回 全館空調による暖房のポイント」前真之 (A-PLUG /YKK AP)

実際にエコワークスの家に住んでいらっしゃる方(「おかのいえ」さん)も、オール電化で全ての光熱費を合わせて月々1万円ちょっとくらいのコストで生活できているようです(人数や住み方にもよりますので参考までに)。

耐震等級3だから

耐震等級には1、2、3があり、数字が大きいほど地震で倒壊しにくい家になります。第三者機関のチェックによって認定されます。

引用:エコワークス

耐震等級1に比べて耐震等級3はその1.5倍〜2.5倍程度の耐震性能です。

同じ耐震等級でも品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律許容応力度計算によるものがあり、許容応力度計算による耐震等級3が最も耐震性が高いです。

2016年の熊本地震では耐震等級3を満たした住宅で倒壊したものはなく、 全ての住宅がその後もそのまま住み続けられました。耐震等級2では、一部損壊し避難を余儀なくされた家もありました。

引用:「熊本地震における建築物被害の原因 分析を行う委員会」報告書のポイント 参考資料④-1 (国土交通省 住宅局)

エコワークスは耐震性能3(品確法)が標準です。 許容応力度計算を依頼する場合には多少のオプション費用がかかります。

おもきちパパ

私たちは最大限の安心を得るために許容応力度計算の耐震等級3をオプションで依頼しました。
一般的には品格法の耐震等級3でも合格点とされていますが、多少費用が増えてもいいのでエコワークスには許容応力度計算を標準として欲しいなとは思います。(応力計算する設計士さんのマンパワーが足りないのかな?)

世の中には「耐震等級3なんていらないよ」だとか、「耐震等級3『相当』(=認定を取っておらず単に壁の量を増やしただけのエセ等級3)」などといった間違った情報が溢れています。

命を守るのは当たり前、それだけではなく地震があってもそのまま住み続けれれる家に住むべきだと思います。

天然素材でほっと落ち着く

エコワークスの家づくりの素材には人体に影響があるホルムアルデヒドを出さないものを標準としています。

壁は和紙や珪藻土、床は「天然乾燥」の無垢材、塗料等も天然素材で体に優しいものを採用しています。収納の棚板なども贅沢に全て無垢材です。

おもきちパパ

モデルハウスで宿泊体験をした際に、 木の香りに包まれ心がほっとし、自然の中でのんびりしているような、そんな不思議な感覚に包まれたのを覚えています。

今住んでいるマンションのようなビニールクロスやフローリング、人工物に囲まれた家とは違う居心地の良さを感じました。

直感的に周囲の素材感を感じ取っていた自分にびっくりし、人間もやっぱり動物なんだと実感した次第でした

皆さんも公園の芝生でのんびりしたり、山でキャンプしたりするのは、何か言葉では表せない本能的な心地よさを感じるのではないでしょうか。

会社の実績と将来性

エコワークスはもともと熊本の新産住宅(現在ご兄弟が社長)という会社から独立し、2004年から創業20年以上続いています。

10年続くかどうかというのが会社として一つのラインとよく言われますが、20年経っても今な売り上げが右肩上がりを続けているエコワークスは今後の倒産リスクも小さいと考えています。

引用:エコワークス

2024年現在、福岡・熊本だけでなく、九州山口圏や関東にも施工エリアを伸ばしています

また、社長が全国工務店の代表として国のエコ施策に関わっていること(時流を逃さない)、Instagram登録者数30万人で住宅メーカー部門全国第2位(需要がある)であることも意外に大事なポイントかなと思っています。

まとめ

エコワークスを選んだ理由は以下の通りです。

エコワ—クスに決めた理由
  1. 高気密・高断熱な家をちゃんと建てているから(断熱等級6、C値 0.7以下)
  2. 床下エアコン・小屋裏エアコンのノウハウがあるから
  3. 耐震等級3だから
  4. 天然素材でほっと落ち着くから
  5. 会社の実績と将来性

家づくりは基本的に一生に1度しかないですし、大金をはたいて購入するものです。

もちろん、私は誰にでもエコワークスが合うとは思っていません。後悔しないように自分の価値観に合った住宅メーカーを選べればそれで良いと思っています。

エコワ—クスが気になる方は私までコメントいただければ営業さんをご紹介可能です。
※エコワークスは割引がありませんので、紹介特典が唯一の割引になります。

では、また—。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ